業種別画像センシング活用事例:情報通信・インフラ

画像センシング技術活用事例

情報通信・インフラ

情報通信・インフラの活用事例のご紹介

画像センシングを利用すればブロードバンドを介したインターネットでのショッピングサイトや、銀行のATMなどのセキュリティを高めることができます。また、さまざまな情報インフラを介しマーケティングを行えば、コンピュータを前にした環境だけでなくあらゆるデータを収集することが可能。
これらの用途の他にも、顔のパーツや表情を判別できるからこそ実現した、クラウド上の画像検索や画像編集です。情報通信やインフラ業界において、クラウドをうまく利用しマシンを高速化、軽量化できることでも注目を集めています。

ここでは「情報通信・インフラ業界」の活用事例をいくつかご紹介いたします。

  • 事例1

    事例1

    クラウド上で画像編集
    検索、編集はすべてお任せ

    クラウド上に保存された画像から特定の画像を検索し、編集しようとするとき、まず画像を検索するのに画像をダウンロードして一枚ずつ目を通さなくてはなりません。また、画像を見つけても1枚ずつ人の手で画像の修正が必要です。
    そのため1枚の画像...

    詳しく見る

その他の業種別画像センシング活用事例を見る

目的別 画像センシングの活用例を見る

画像センシング技術の活用事例を「セーフティ・見守り」「自動制御」などの活用シーン・目的別にご紹介しています

情報通信・インフラ業界における画像センシング技術活用事例