立ち入り制限区域では人を見分けて入室制限。侵入警告とログでセキュリティ対策

オムロンの画像センシング技術活用事例

立ち入り制限区域では人を見分けて入室制限。侵入警告とログでセキュリティ対策

立ち入り制限区域では人を見分けて入室制限。
侵入警告とログでセキュリティ対策

工場などの危険エリアや立ち入り禁止区域に侵入があれば、人体検出により警告音を発し、画像と日時をログとして記録することが可能です。

また、薬剤を保管する医療施設、高価な商品を展示する商業施設、機密データを管理するオフィスなどで、関係者以外の侵入を禁止したい場所には顔認証が便利です。

同様に、住宅の防犯対策、不審者の検知などにも活用できるため、セキュリティ体制を強化できるのも、人体検出、顔検出、顔認証の有効な活用方法です。

期待できる効果・機能

  • 危険なエリアや立ち入り禁止区域での侵入者や不審者を検出し、さらに記録を残すことで、事故や犯罪の防止につながります。
  • 事前に許可した人物以外の侵入を制限できます。
  • セキュリティ強化対策

この機能を実現する技術

  • 人体検出により、立ち入り禁止区域に人物が入っていないか把握できます。
  • 顔認証により、個人を特定した上で解錠が可能です。

活用事例:立ち入り制限区域では人を見分けて入室制限。侵入警告とログでセキュリティ対策