従業員の状態を把握して安全で滞りのない運用を管理

オムロンの画像センシング技術活用事例

従業員の状態を把握して安全で滞りのない運用を管理

従業員の状態を把握して
安全で滞りのない運用を管理

工場などの運営管理においては、お客さまが要求する納期を起点に、計画通りに納品することが求められています。
そのため、多くの人員を割いて、監視カメラや作業工程を直接確認しながら運営管理を行っていました。
しかし、人手不足や作業ミスを見逃すこともあったでしょう。

画像センシング技術を活用すれば、限られた人数で全体を管理することが可能になります。
例えば顔検出、顔認証、人体検出を監視カメラに搭載すれば、作業工程が正しく行われているかを監視し、インプットされた作業の動きと異なった場合は人物を特定します。
個別に指示を出せるようになれば、これまでは見逃していた作業工程も改善できるようになります。

このように人画像センシング技術があれば、管理者の負担やコストを抑えながら効率良く運営管理の改善ができます。

期待できる効果・機能

  • 従業員の作業手順を認識し、異なる動きをした場合は人物を特定し指導できます。
  • 特殊機器において、担当者しか作動できないよう、顔情報でロック設定ができます。

この機能を実現する技術

  • 顔検出、顔認証、人体検出により、各従業員の状況を把握することができます。

活用事例:従業員の状態を把握して安全で滞りのない運用を管理