顔を照合させることで特定のお得意様を検知

オムロンの画像センシング技術活用事例

顔を照合させることで特定のお得意様を検知

顔を照合させることで
特定のお得意様を検知

接客業では、何度も来店いただくお客様を覚えることでお客様へのサービスの質をアップさせますが、接客するスタッフが変わったりするとなかなか思うようにサービスの提供ができません。そういった場合にも、画像センシング技術の顔認証を活用すれば、利用者の顔を記憶して何度も利用されている方を認識し、お得意様と位置づけることができます。

小売業の場合は、お得意様の趣向を察知し、お客様が求めているものを探しやすくしたり、品揃えを最適化したり、過去の利用データから的確な提案やサービスの提供ができるようになります。会員証の情報と連携させることで、ご来店回数に応じたDM送付といった顧客データ管理を行うこともできます。

このように何度も利用いただくことで、お客様個々に合わせてサービスの精度を向上させることが可能になり、満足度も向上するでしょう。

期待できる効果・機能

  • ご来店回数により特別なサービスを行うことが可能です。
  • 会員証の情報と連携させることで、ご来店回数に応じたDM送付といった顧客データ管理を行うことができます。

この機能を実現する技術

  • 顔認証により「お得意様」「従業員」「初来店のお客様」を把握できます。

活用事例:顔を照合させることで特定のお得意様を検知