買い物中の行動や表情から顧客需要をマーケティング

オムロンの画像センシング技術活用事例

買い物中の行動や表情から顧客需要をマーケティング

買い物中の行動や表情から
顧客需要をマーケティング

新製品の店頭販売や特別な商品のスペシャルディスプレイなどで画像センシング技術を利用すれば、興味を持って商品の周りに立ち止まった方が、その商品を手に取ったのか、商品のどこをどれだけの長さ眺めていたのか、どのような表情になったのかなど画像上での顧客の変化を分析し、顧客がその商品のどの部分にどの程度惹かれたのかを予測することが可能です。

この機能を利用すれば、製品化される前のテストマーケティングを行う際も、どの部分がどの年令層の興味を引きつけたかの傾向をさぐることができます。それにより、ターゲットの明確化、他の商品との差別化など、どの部分をより個性として伸ばして行くべきか、商品開発を行う上で重要なデータを取得することができます。

この機能は、自社の製品の手応えが知りたいメーカーの方だけでなく、自店の顧客がどのようなものを求めているのかを知りたい小売店での仕入れにも役立てることができるでしょう。また時間帯や曜日による需要に変化があるのかを知ることができるので、キャンペーンの日程を効果的に設定することもできます。

このように画像センシング技術の機能を活用することで、かなり正確に需要のマーケティングを行うことが可能です。

期待できる効果・機能

  • 流通・外食業界などの接客を主とする業界に対し、お客様の顔情報を用いてマーケティングを行うことで需要を予測し、営業支援へとつながります。
  • 適量の商品仕入れや、配列、時間帯による人の配置など、ロスの少ない的確な店舗管理が可能になります。

この機能を実現する技術

  • 人体検出により、そこに何人の人がいるかを把握できます。
  • 顔認証により、お得意様・従業員・初来店のお客様を把握できます。
  • 視線推定・顔向き推定により、お客様がどの商品を何秒見ていたかを把握することで、どの商品に興味を示されているのかを推測できます。
  • 性別・年令推定により、性別・年令別の売れ筋商品の傾向を分析することができます。

活用事例:買い物中の行動や表情から顧客需要をマーケティング