顧客が求めるものを予測してレコメンド傾向を熟知しているのでカユイところに手が届く

オムロンの画像センシング技術活用事例

顧客が求めるものを予測してレコメンド傾向を熟知しているのでカユイところに手が届く

顧客が求めるものを予測して
レコメンド
傾向を熟知しているので
カユイところに手が届く

画像センシング技術は、利用者の顔を記憶することが可能です。ネットショッピングやレストランなどのお客様を相手にするサービスで、その技術は活躍します。

例えば顔認証機能を活用すれば、リピーターに過去にセレクトしたものの傾向から好みそうなものを予測してお勧めすることができます。
一方、初めての方でも年令や性別を推測し、これまでのマーケティングデータからその属性の方に好まれそうなものを予測しお勧めすることが可能です。
同様に、ファミリーレストランの電子メニューや自動販売機、ATMなどの公共端末でお勧めの商品を紹介・提案することもできます。

まるで実際の店員が接客をするように、その人個人や年齢・性別などの属性に合わせたきめ細かなサービスの提供が可能になります。

期待できる効果・機能

  • 利用者の属性(性別・年令)にあった商品をお勧めしてくれるので、ほしいものを探す手間が省けます。

この機能を実現する技術

  • 顔認証により、リピーターを判別することができます。
  • 性別・年令推定により、属性による傾向を見極めることができます。

活用事例:顧客が求めるものを予測してレコメンド傾向を熟知しているのでカユイところに手が届く