車内のムードや属性に合わせて自動車設備を自動制御して快適なドライブを実現

オムロンの画像センシング技術活用事例

業種
自動車
目的
自動制御
車内のムードや属性に合わせて自動車設備を自動制御して快適なドライブを実現

車内のムードや属性に合わせて自動車設備を自動制御して快適なドライブを実現

長距離運転やドライブを楽しむときには、車内に長く滞在することになるため、車内の環境が最適になれば居心地の良い空間になります。

車内に流れる音楽ひとつとっても、同乗者の好みの曲を考えたり、長時間のドライブで飽きない選曲をしたりすることが自動でできたら便利ではないでしょうか。
人の数や表情、年令、性別を認識する画像センシング技術をカーステレオに活用すれば、その場にいる人に合わせた曲を流すことが可能となります。

例えば学生時代の仲間とドライブしている時に、学生の頃に流行った懐かしい曲をカーステレオが自動でセレクトして流してくれたら、きっとその場は盛り上がることでしょう。
また、眠そうな表情をしていることを検知しアップテンポな曲が流れば、居眠り防止にもつながります。

音楽だけではなく、シートヒーターなどの温度調節や自動車の車載関連の電化製品も車内にいる人たちに合わせて自動で切り替われば、細かい調整が不要になり、快適な空間になることでしょう。

期待できる効果・機能

  • ユーザーの性別や年令・表情から、最適な温度、音楽など、快適な空間づくりを自動で行うことができます。

この機能を実現する技術

  • 人体検出により、人が何人いるのかを把握できます。
  • 性別推定、年令推定、表情推定により、ユーザーの状態や属性を把握できます。

活用事例:車内のムードや属性に合わせて自動車設備を自動制御して快適なドライブを実現