触れなくても操作できることで危険な場所での作業を避け従業員の安全を確保

オムロンの画像センシング技術活用事例

触れなくても操作できることで危険な場所での作業を避け従業員の安全を確保

触れなくても操作できることで
危険な場所での作業を避け従業員の安全を確保

画像センシング技術を産業機器に取り入れれば、実際に機械に触れなくてもハンドジェスチャーや視線の動き・顔の向きで機器の遠隔操作が可能になります。食品工場や精密機械工場などにおいては、人の出入りによるチリやホコリなどの侵入を防ぎ、衛生的な環境を保つことができるでしょう。

もっと身近な活用例としては、両手がふさがっているときに、スマートフォンを目線でスクロールできることや、みんなで写真を取りたいときなどに、タイマーではなく、ジェスチャーでシャッターを切ることができるのはとても便利です。

医療・介護の現場では、視線推定・顔向き推定を使うことで、手足が不自由な方とのコミュニケーションにも役立てることができるでしょう。

期待できる効果・機能

  • 危険な場所での機械操作時の作業員の安全確保につながります。
  • 食品工場での衛生環境の保持に役立ちます。
  • コミュニケーションツールとして活用できます。
  • デジカメやスマートフォンの操作性向上になります。

この機能を実現する技術

  • 顔検出、顔認証、人体検出、表情推定、目つむり推定により、各従業員の状況を把握することができます。
  • 視線推定、ハンドジェスチャー、目つむり推定、顔向き推定により、非接触で機械が人の意志を察知することができます。

活用事例:触れなくても操作できることで危険な場所での作業を避け従業員の安全を確保