どんなに注意してもなくならなかった万引きや無銭飲食を一網打尽

オムロンの画像センシング技術活用事例

どんなに注意してもなくならなかった万引きや無銭飲食を一網打尽

どんなに注意しても
なくならなかった
万引きや無銭飲食を一網打尽

飲食店や本屋、コンビニ、スーパーマーケットなどにとって、万引きと無銭飲食(いわゆる食い逃げ)ほど悪質なものはありません。このような犯罪を見逃していたら利益がとれなくなってしまいかねません。

これまでは万引き、無銭飲食を防ぐためにできたことと言えば従業員を増やし、死角がないように配置することでした。
しかし、せっかくコストをかけて監視強化したにも関わらず、作業しながらの状態では注意していても気がつかない内に逃げられてしまうことはよくあります。また、正面から顔を見ていても印象に残ることは少なく、思い込みで記憶も曖昧になりがちです。常習犯と誰もが認識した頃には、被害が大きくなっているのではないでしょうか。

しかし画像センシング技術の顔認証を活用すれば、一度見た犯人の顔を認識し、そして次回以降は常習犯として検知・警告することができるのです。また、画像センシング技術の視線推定を活用すれば、挙動不審な動きを検知し犯人を特定することもできるでしょう。もう万引きも無銭飲食も恐れることはありません。

期待できる効果・機能

  • 万引き、無銭飲食常習犯の検知・警告をします。

この機能を実現する技術

  • 顔認証により、犯人の顔を認識します。
  • 視線推定により、挙動不審な視線の動きを検知します。

活用事例:どんなに注意してもなくならなかった万引きや無銭飲食を一網打尽