従業員の位置を正しく把握し効果的な人員配置を実現します

オムロンの画像センシング技術活用事例

従業員の位置を正しく把握し効果的な人員配置を実現します

従業員の位置を正しく把握し
効果的な人員配置を実現します

工場の現場などで生産性を高めようとするのであれば、機械の動きにロスがないよう人員をバランスよく配置する必要があります。
しかし、その場にいる従業員に指示を出そうとしても、誰がどこにいるのかを把握することができなければ、的確に指示を出すことは不可能です。

画像センシング技術の顔認証や人体検出を活用すれば、広い施設の中で個人を特定し、「いま、誰がどこにいるのか」「誰が何をしているのか」を正確に把握することができます。

事前に個人のスキルを登録しておけば、さらに的確な人員配置が叶います。また、一人の従業員がどの程度連続で働き続けているかも把握し、休憩を促すこともできますので事故防止にもつながります。

期待できる効果・機能

  • 工場などでの設備の中で離れた場所にいる従業員の位置や人数を正確に把握します。
  • 的確な人員派位置による、生産ラインの効率化が図れます。

この機能を実現する技術

  • 人体検出により従業員の位置や人数を正確に把握します。
  • 顔認証により個人を判別するので、その従業員のスキルにあった場所に配置することができます。
  • 人体検出と顔認証の機能が組合わさることで労働時間の把握も可能です。

活用事例:従業員の位置を正しく把握し効果的な人員配置を実現します