赤ちゃんを驚かすことなく自然な表情をアルバムに残そう

オムロンの画像センシング技術活用事例

赤ちゃんを驚かすことなく自然な表情をアルバムに残そう

赤ちゃんを驚かすことなく
自然な表情をアルバムに残そう

赤ちゃんは特に、紙をやぶる程度のちょっとした物音でも驚いてしまいます。もちろん、写真を撮るときのシャッター音も例外ではありません。

しかし最近のスマートフォンやカメラのほとんどが盗撮防止のために、必ずシャッター音が鳴る仕様になっています。一方、シャッター音に驚いてしまい泣き出す赤ちゃんも多いものです。
そのため、小さなお子さんをお持ちの方の中には「カメラのシャッター音で驚いて、何枚撮っても笑っているわが子の写真がない」といった経験をお持ちの方もいるでしょう。

画像センシング技術の赤ちゃん推定では、被写体が赤ちゃんだと判断すると、シャッター音のボリュームが自動で小さくなる小音モードで撮影ができるのです。
お子様の自然な表情の写真を残すために、ぜひ画像センシングをご活用ください。

期待できる効果・機能

  • 赤ちゃんの自然な表情を写真に残すことができます。

この機能を実現する技術

  • 赤ちゃん推定により、被写体が赤ちゃんかどうかを判別します。

この事例に使われている技術の他の活用事例を見てみる

業種別 画像センシングの活用例を見る

画像センシング技術の活用事例を「自動車」「家電」などの業種別にご紹介しています

目的別 画像センシングの活用例を見る

画像センシング技術の活用事例を「防犯・セキュリティ」「勤怠管理」などの 活用シーン・目的別にご紹介しています

活用事例:赤ちゃんを驚かすことなく自然な表情をアルバムに残そう