高度なチャイルドロックで子どもの行動を見守りつつ操作を制限

オムロンの画像センシング技術活用事例

高度なチャイルドロックで子どもの行動を見守りつつ操作を制限

高度なチャイルドロックで
子どもの行動を見守りつつ
操作を制限

自動車や電化製品など、子どもが誤って操作しては危険な場合や事故につなげる恐れのあるような機器にあらかじめロックをかけておくことをチャイルドロックと呼びます。
このチャイルドロックですが、ロックのかけ忘れや解除し忘れが生じることを考えると、その予防策が完全とは言えませんし、毎回手動で切り替えなくてはならないのは手間でもあります。
しかし、画像センシング技術の性別・年令推定を活用すれば、子どもと判断した人物の前では一定の機能に自動で制限をかけることができるようになります。

例えば、テレビやエアコン、カメラ、自動車などを子どもがいたずらできないようにロックすることができます。
さらに、インターネットのコンテンツ視聴やR指定番組など、子どもに見せたくない映像やコンテンツを、子どもが触っているときには表示しないように制限をかけることも可能です。

性別や年令だけでなく、顔認証も同様に活用できるので、行動を見守りたい高齢者が危険な目に遭わない様に自動車や電化製品に制限をかけることもできます。

期待できる効果・機能

  • TV、エアコンなどの家電やインターネット、自動車などを子どもが操作できないようチャイルドロックをかけます。
  • 子どもの前では、PCやスマートフォン、テレビなどのコンテンツや番組の閲覧を制限します。
  • 子ども以外でも特定の人物に対して機能を制限することができます。

この機能を実現する技術

  • 属性推定により属性が子どもだと判別し、機能を制限します。
  • 顔認証により特定の人物を判別し、チャイルドロックをかけることができます。

活用事例:高度なチャイルドロックで子どもの行動を見守りつつ操作を制限