自分がゲームの中にいる気分になるそっくりなアバターが誕生

オムロンの画像センシング技術活用事例

自分がゲームの中にいる気分になるそっくりなアバターが誕生

自分がゲームの中にいる気分に
なるそっくりなアバターが誕生

SNSやゲームで自分の代わりに動き回るアバター。もしこのアバターが自分にそっくりだったらもっとその世界観にのめり込んでしまうかもしれません。
現実空間にCG映像などをミックスさせるなどの技法との組み合わせで、バーチャルな世界がよりリアルになるでしょう。このような仕掛けで多くの人を引き込むことができれば、新たな市場が開拓できる可能性もあります。

もしかしたら、もう会うことができない旧友や親族の写真からアバター化してバーチャルの世界で会話を楽しむことができる人が出てきてもおかしくありません。
単純にシール機などで、自分のアバターのシールを作って名刺代わりにするだけでも楽しめることでしょう。

画像センシング技術の顔輪郭抽出を活用すれば、あなたにそっくりなアバターが作成できます。
「アバターが何とも言えず自分にそっくり」だということが、このような広がりを見せるためには外せないポイントとなるはずです。

期待できる効果・機能

  • 利用者をアバター化します。
  • リアルなアバターでゲームなど、これまで以上に愛着を感じさせます。

この機能を実現する技術

  • 顔輪郭抽出により利用者にそっくりなアバターを作成します。

この事例に使われている技術の他の活用事例を見てみる

業種別 画像センシングの活用例を見る

画像センシング技術の活用事例を「自動車」「家電」などの業種別にご紹介しています

目的別 画像センシングの活用例を見る

画像センシング技術の活用事例を「防犯・セキュリティ」「勤怠管理」などの 活用シーン・目的別にご紹介しています

活用事例:自分がゲームの中にいる気分になるそっくりなアバターが誕生