来店者数やお客様の属性情報を自動で集計し、無駄がなく快適な店舗づくりをサポート

オムロンの画像センシング技術活用事例

来店者数やお客様の属性情報を自動で集計し、無駄がなく快適な店舗づくりをサポート

来店者数やお客様の属性情報を
自動で集計し、無駄がなく快適な
店舗づくりをサポート

経営者にとって無駄がなくかつ利用者にとって快適な店舗づくりや商品の品ぞろえを実施するためには、いつ・どのような人が来店されているのかを把握することが重要となるのではないでしょうか。
こういったマーケティングデータ収集のために、現在では通行量調査を実施したり、POSレジにて利用者の属性をレジ担当の従業員が手入力するといった取り組みがされています。

しかし、人手による通行量調査は、調査員を手配する必要があり調べたい時間・調べたい期間を自由に設定し調査することが難しいです。また、POSレジでの属性の手入力は、従業員の主観に頼るため結果にばらつきが生じてしまいます。

こうした課題において、人画像センシング技術が活用できます。顔検出機能や人体検出機能を活用すれば、人手に頼っていた通行量調査を自動化でき、調べたいときに調べたい期間の人数カウントが可能です。また、性別・年齢推定機能を活用すれば、購買者の属性を自動で情報を収集でき、従業員の主観によるバラツキを抑えることが可能です。

人画像センシング技術は、次世代マーケティング調査で発揮します。

期待できる効果・機能

  • いつでも自動で来店者数をカウントすることができます。
  • 従業員の主観に関係なく、来店者の属性(性別・年齢)データを取得することができます。

この機能を実現する技術

  • 顔検出や人体検出により、自動で人数カウントを行えます。
  • 性別・年齢推定によりお客様の属性も把握できます。

活用事例:来店者数やお客様の属性情報を自動で集計し、無駄がなく快適な店舗づくりをサポート