人を認識し、人を支える。ロボットが変える暮らし

オムロンの画像センシング技術活用事例

人を認識し、人を支える。ロボットが変える暮らし

人を認識し、人を支える。
ロボットが変える暮らし

ロボット技術の発展にともない、ロボットがあらゆる人とコミュニケーションをとり、人々に癒しをあたえることが当たり前になる時代はもうすぐかもしれません。このようなコミュニケーションロボットにおいて人画像センシング技術を使った人理解機能は必要不可欠なものです。

たとえば、高齢者介護施設で活用すれば、顔認証機能により入居されているご老人の顔を登録し認識することで、お一人おひとりにあった会話を楽しむだけではなく、お薬を間違いなく届けることで高齢者によく発生してしまうお薬の誤飲を防止することもできるでしょう。
また、徘徊をしてしまうご老人を見つけ出し、そっと寄り添ってくれることもできるでしょう。

さらに、表情推定を使うことで、悲しんでいる人にそっと寄り添い、楽しそうな人には一緒になって笑顔をふりまくことで、人の心まで豊かにしてくれるかもしれません。

期待できる効果・機能

  • その人にあった会話を提供することで、円滑なコミュニケーションが図れます。
  • 人の表情を読み取り、それぞれに合った反応を示すことができます。
  • 人を特定し、薬の誤飲を防ぐことができます。
  • 徘徊者の保護が可能です。

この機能を実現する技術

  • 顔認証により、ご老人の特定とご老人一人ひとりにあったサービスが提供できます。
  • 表情推定により、表情にあった反応を返すことができます。

活用事例:人を認識し、人を支える。ロボットが変える暮らし