お母さんの手が離せない時でも、赤ちゃんをあやせます

オムロンの画像センシング技術活用事例

お母さんの手が離せない時でも、赤ちゃんをあやせます

お母さんの手が離せない時でも、赤ちゃんをあやせます

手が離せない時に限って赤ちゃんが気分を損ねて泣いてしまうといった経験をお持ちのお母さんも多いのではないでしょうか?
人画像センシングを使えば、そんなお母さんをサポートできるかもしれません。

例えば、表情推定機能を使うことで、赤ちゃんの泣きだしそうな瞬間を見つけ出し、赤ちゃんがいつも喜ぶ音楽が自動的に流れたり、おもちゃが自動的に動きだせば、お母さんの手が離せない時でもお母さんに代わって赤ちゃんをあやすことが可能かもしれません。

また、泣き出しそうな顔であったり、しんどそうな顔察知し、お母さんにお知らせすることができれば、赤ちゃんの異変に早急に気が付くことも可能です。

期待できる効果・機能

  • 泣き出しそうな赤ちゃんをあやすことができます。
  • 赤ちゃんの異変に気づき、お母さんにお知らせすることができます。

この機能を実現する技術

  • 表情推定により、音楽やおもちゃを制御することができます。
  • 表情推定により、赤ちゃんの異変を察知できます。

活用事例:お母さんの手が離せない時でも、赤ちゃんをあやせます