人や個人を判別することで、遊園地などの娯楽施設への入室制限や監視業務が軽減

オムロンの画像センシング技術活用事例

人や個人を判別することで、遊園地などの娯楽施設への入室制限や監視業務が軽減

人や個人を判別することで、遊園地などの娯楽施設への入室制限や監視業務が軽減

遊園地や人が立ち入りにくい区域など、なかなか人の監視の目が行き届かない広範囲の施設などでも画像センシング技術が役立ちます。
人体検出機能や顔認証機能によって、関係者以外立ち入り禁止区域や危険区域への侵入を防いだり、一度入場を許可したお客様の再入場を自動で許可したりといったことも可能になります。
人や個人を判別することができるので、従来のように監視カメラ越しに不審者がいても見逃すことがなくなり、監視体制を強化することができます。

期待できる効果・機能

  • 危険なエリアや立ち入り禁止区域での侵入者や不審者を検出できます。
  • 事前に許可した人物以外の侵入を制限できます。
  • セキュリティ強化対策

この機能を実現する技術

  • 人体検出により、立ち入り禁止区域に人物が入っていないか把握できます。
  • 顔認証により個人を特定し、アラームを鳴らして知らせます。

活用事例:人や個人を判別することで、遊園地などの娯楽施設への入室制限や監視業務が軽減