打刻での人的ミスを防ぎ、勤怠管理を適正化

オムロンの画像センシング技術活用事例

打刻での人的ミスを防ぎ、勤怠管理を適正化

打刻での人的ミスを防ぎ、
勤怠管理を適正化

長時間労働やサービス残業に対する社会の目は厳しくなっており、企業が従業員の適正な勤怠管理をするのは、当然の流れと言えます。
対策として、タイムカードやパソコン上から勤怠管理を行っているでしょう。
しかし時には、従業員が打刻忘れをすることもあります。
その際は、打刻修正を行っていましたが、出退時刻忘れや間違えることもあります。

人画像センシング技術を活用すれば、適正な勤怠管理が可能になります。
例えば、顔認証を防犯カメラに搭載すれば、出退勤時に目の前に人が立つだけで、本人を認証します。
時刻と共にログとして記録すれば、打刻忘れをしても、ログのデータをもとに正確な時刻で打刻修正することが可能です。

このように、人画像センシング技術があれば、人的なミスをカバーして、正確な勤怠管理が可能になります。

期待できる効果・機能

  • 打刻忘れをしても、ログから出退勤時間を割り出すことができるため正確な勤怠管理が可能になります。

この機能を実現する技術

  • 顔認証により、本人を見分けて打刻管理してくれます。

活用事例:打刻での人的ミスを防ぎ、勤怠管理を適正化