触れなくても操作できることで利便性が向上します

オムロンの画像センシング技術活用事例

触れなくても操作できることで利便性が向上します

触れなくても操作できることで
利便性が向上します

インターネット検索や、電子ブックを読むときなど、画面へのタッチやスクロールするだけで操作できるスマートフォンやタブレットはとても便利な存在ですが、人画像センシング技術を使えばさらに利便性が増します。

例えば視線推定を搭載すれば、赤ちゃんを抱いて両手がふさがっている状態でも目線でスクロールするだけで電子ブックのページをめくることができます。
また、ハンドジェスチャーを搭載すれば、料理をしながらインターネットで調べたレシピページをスクロールできるなど、手が濡れている状況でも直接タッチせずと操作が可能になります。

このように、人画像センシング技術があれば、スマートフォンやタブレットの利便性が向上します。

期待できる効果・機能

  • スマートフォンやタブレットの利便性がさらに向上します。

この機能を実現する技術

  • 視線推定、ハンドジェスチャーにより、非接触で機械が人の意志を察知することができます。

この事例に使われている技術の他の活用事例を見てみる

業種別 画像センシングの活用例を見る

画像センシング技術の活用事例を「自動車」「家電」などの業種別にご紹介しています

目的別 画像センシングの活用例を見る

画像センシング技術の活用事例を「防犯・セキュリティ」「勤怠管理」などの 活用シーン・目的別にご紹介しています

活用事例:触れなくても操作できることで利便性が向上します