機器に触れずに操作でき、患者さんの利便性が向上

オムロンの画像センシング技術活用事例

機器に触れずに操作でき、患者さんの利便性が向上

機器に触れずに操作でき、
患者さんの利便性が向上

病気やケガにより声が出ない患者さんや手足を自由に動かせない患者さんにとって、意志疎通することや日常のちょっとした動作でも介護が必要です。
そのため、何かをしたい時は看護師さんや家族へ介護を頼まなければならず、双方の負担になっていました。

人画像センシング技術があれば、患者さんと介護者、双方の負担を軽減することができます。
例えば、医療機器やタブレットなどに視線推定や目つむり推定を搭載すれば、声が出ない患者さんの視線や目つむりから言語を読み取り、音声化することで代筆なしでの会話が可能になります。
また、同様の技術を使うことによって、手足を自由に動かせない患者さんでも、テレビや照明機器の操作が簡単になります。
その都度介護が不要になるため、患者さんも自分の意志で行動できるようになりますし、介護する側も負担がへり業務に集中できるようになるでしょう。

人画像センシング技術は、医療の現場における介護サポートが可能になります。

期待できる効果・機能

  • 医療の現場において、介護の一部をサポートします。

この機能を実現する技術

  • 視線推定、目つむり推定によるジェスチャー操作で、患者さんの意思を把握し、会話することができます。
  • 介護者に頼らなくても、自分の意思で機器などを操作できるため、患者さんと介護者双方の負担を減らします。

この事例に使われている技術の他の活用事例を見てみる

業種別 画像センシングの活用例を見る

画像センシング技術の活用事例を「自動車」「家電」などの業種別にご紹介しています

目的別 画像センシングの活用例を見る

画像センシング技術の活用事例を「防犯・セキュリティ」「勤怠管理」などの 活用シーン・目的別にご紹介しています

活用事例:機器に触れずに操作でき、患者さんの利便性が向上