公共施設利用の個人を把握することで質の高いサービスの提供が可能に

オムロンの画像センシング技術活用事例

公共施設利用の個人を把握することで質の高いサービスの提供が可能に

公共施設利用の
個人を把握することで
質の高いサービスの提供が可能に

図書館などの公共施設では、利用者に対して職員が少なく、お客様をお待たせしてしまい、場合によっては充分な対応もできず不快な思いをさせてしまうこともあるかもしれません。
少ない職員でも利用してくれるお客様に充分な接客ができる環境が必要です。
また地域の皆さんに愛される施設となるには、地域との連携は不可欠です。

例えば図書館では、顔認証により来館を感知したらすぐに予約されている本を貸出窓口へ運んでおけば、お客様の手間も待ち時間も短縮されます。
また施設内にデジタルサイネージを設置し、前に立っているお客様の年代・性別等を判断して、ターゲットに合った地域の広告宣伝を表示すれば、お客様の地域への関心も高まるに違いありません。

期待できる効果・機能

  • 医療などの分野においても、顔情報による個人認識で、カルテと本人の一致に役立ちます。

この機能を実現する技術

  • 顔認証により正確に特定の個人を把握できます。

活用事例:公共施設利用の個人を把握することで質の高いサービスの提供が可能に