「Tech Crunch Hackathon OSAKA 2014」へHVCを提供 HVCを使ったプロダクトが最優秀賞を受賞!

メディア・展示会紹介

「Tech Crunch Hackathon OSAKA 2014」へHVCを提供
HVCを使ったプロダクトが最優秀賞を受賞!

 4月12日-13日の両日に渡って開催されました「Tech Crunch Hackathon OSAKA 2014」へHVCを提供しました。
 本イベントでは、全12チーム(およそ50名のエンジニア・デザイナー)の方々がIoTの可能性を探ったプロダクトの創出を競われました。
 
 その中で・・・な、なんと・・・!
 HVCを利用していただいたアイデア(ポスタライズ)が最優秀賞を獲得されました!!!

・ポスタライズ
 ポスターや展示用ディスプレイのようなオフラインのもののプレビュー数を計測するプロダクト。
 HVCの顔認識・顔の確度認識の技術を用いて、「見た」ことを特定し、グラフなどで可視化するもの。

画像1
受賞者の福本さんと安川さん

 また、次のようなプロダクトでもHVCを活用して頂きました。

・COM × TV
 視聴者同士がテレビを介して手軽にコミニュケーションを取れるサービス。
 チャットの中で、HVCの表情推定の結果を使った表情スタンプを実装されました。

・Music Power!
 画像より感情を読み取り、その感情に合わせた音楽を届けるサービス。
 HVCの表情推定機能を利用いただきました。

・見守りプレイヤー
 画像センサーを利用し、その時々の気分に合わせた音楽を配信するサービス。
 本来の役割は、独居老人など見守りを目的として家庭に設置する。
 「見られてる感」という心理的抵抗を取り除くという課題に注目している。
 HVCの表情推定機能などを利用いただきました。

 今回紹介しましたプロダクトは5月に改めて活用事例として掲載致します。

 弊社では、今後もこういったイベントにHVCを出展させて頂く予定です!
 そのスケジュールは、当HPでも公開していきますので、皆様ぜひぜひご参加ください!

新着情報一覧へ戻る

「Tech Crunch Hackathon OSAKA 2014」へHVCを提供HVCを使ったプロダクトが最優秀賞を受賞!