ルネサス エレクトロニクス株式会社より、PCを使用せずにボードのみで『HVC-P2』を制御するサンプルアプリケーションが公開されました。

ニュースリリース

ルネサス エレクトロニクス株式会社より、PCを使用せずにボードのみで『HVC-P2』を制御するサンプルアプリケーションが公開されました。

ルネサス エレクトロニクス株式会社製マイクロコンピュータ『RZ/A1H』搭載のGRリファレンスボード『GR-PEACH』を利用してオムロンの人理解画像センサ『HVC-P2』を操作するサンプルアプリケーションがARM mbedサイトにて公開されました。

このアプリケーションを活用することで、人理解センシング情報の視覚化をIoT端末としてPCを使用することなく実現可能となります。

Renesas / GR-PEACH_HVC-P2_sample
https://developer.mbed.org/teams/Renesas/code/GR-PEACH_HVC-P2_sample/

画像1

■GRリファレンスボード『GR-PEACH』とは

10MBの内蔵RAMに加え、ARM(R) Cortex(R)-A9の処理能力により、グラフィックス、タッチパネル、カメラ入力、オーディオ、ネットワーク等をコンパクトかつ高性能に実現することが可能な開発者向けハードウェアボードです。

mbed対応など、各種高速プロトタイピング向けのプラットフォームを用意しており、すぐ手軽に試したい方向けのボードとなっています。また、マルチプラットフォーム化の整備も進めており、広いニーズにお応え出来るよう整備が進められています。

■ARM® mbed™とは

ARM®社が運営するIoTデバイスに関するデベロッパー向けのオープンコミュニティプラットフォームです。

ルネサス社は、ARM mbedを活用することで、ユーザーの皆様に短期間でプロトタイピングを行える開発環境を提供しています。

関連リンク

・ARM mbed Boards – GR-PEACH
→ https://developer.mbed.org/platforms/Renesas-GR-PEACH/

・ルネサス エレクトロニクス株式会社 RZ/A1Hグループ
→ https://www.renesas.com/ja-jp/products/microcontrollers-microprocessors/rz/rza/rza1h.html

・人理解画像センサ『HVC-P2』
→ http://plus-sensing.omron.co.jp/product/hvc-p2.html

新着情報一覧へ戻る

ルネサス エレクトロニクス株式会社より、PCを使用せずにボードのみで『HVC-P2』を制御するサンプルアプリケーションが公開されました。