目的別画像センシング活用事例:勤怠管理

画像センシング技術活用事例

勤怠管理

勤怠管理の活用事例のご紹介

社員が出勤しているか、休んでいるかを把握するためのツールとして代表的なのはタイムカードです。しかしタイムカードは従業員が打刻するのを忘れてしまうと正確な勤務時間がわからなくなったり、管理者へ証明できなくなるなどのデメリットがあります。画像センシングなら顔認証で出退勤や個人の在席を把握できます。

ここでは画像センシングを勤怠管理に活用した場合の事例をご紹介いたします。

  • 事例1

    事例1

    従業員の状態を把握して
    安全で滞りのない運用を管理

    工場などの運営管理においては、お客さまが要求する納期を起点に、計画通りに納品することが求められています。
    そのため、多くの人員を割いて、監視カメラや作業工程を直接確認しながら運営管理を行っていました。
    しかし、人手不足や作業ミスを...

    詳しく見る

  • 事例2

    事例2

    打刻での人的ミスを防ぎ、
    勤怠管理を適正化

    長時間労働やサービス残業に対する社会の目は厳しくなっており、企業が従業員の適正な勤怠管理をするのは、当然の流れと言えます。
    対策として、タイムカードやパソコン上から勤怠管理を行っているでしょう。
    しかし時には、従業員が打刻忘れをす...

    詳しく見る

その他の目的別画像センシング活用事例を見る

業種別 画像センシングの活用例を見る

画像センシング技術の活用事例を「自動車」「家電」などの業種別にご紹介しています

勤怠管理における画像センシング技術活用事例