目的別画像センシング活用事例:セーフティ・見守り

画像センシング技術活用事例

セーフティ・見守り

セーフティ・見守りの活用事例のご紹介

人体検出で、人の行動を認識することができます。例えば、不審者や不自然な動きがあるとアラームを鳴らすという機能で、立ち入り禁止場所のセキュリティ強化を実現。また、同様に病人や高齢者などに不自然な動きがないか、付き添いが必要な方を家族の代わりに見守ることもできます。見守りの場合はベッドで寝ている状態でもその表情で異変を察知することができる、表情推定機能も活躍することでしょう。

ここでは画像センシングをセーフティ・見守りに活用した場の事例をご紹介いたします。

  • 事例1

    事例1

    家族の異常をいち早く察知
    あなたの代わりに見守ります

    例えば、高齢者介護を行う家庭があったとしても、高齢者に異変がないか、四六時中誰かが見守っているような環境をつくるのは不可能です。

    病院にいてくれれば安心できるけれど、そうもいかないことは多々あると思います。そんなとき、画像センシ...

    詳しく見る

  • 事例2

    事例2

    留守番中のペットの様子を撮影
    外出先で確認できます

    ペットを飼っていらっしゃる方にとってペットは家族の一員です。
    たまに様子がおかしいと、心配で外出先でも気になって仕方がないものです。
    また、特に体調を崩しているわけでなくても、留守番しているときにペットが部屋でどのように過ごしてい...

    詳しく見る

  • 事例3

    事例3

    人を認識し、人を支える。
    ロボットが変える暮らし

    ロボット技術の発展にともない、ロボットがあらゆる人とコミュニケーションをとり、人々に癒しをあたえることが当たり前になる時代はもうすぐかもしれません。このようなコミュニケーションロボットにおいて画像センシング技術を使った人理解機能は必要...

    詳しく見る

その他の目的別画像センシング活用事例を見る

業種別 画像センシングの活用例を見る

画像センシング技術の活用事例を「デジカメ・スマホ」「家電」などの業種別にご紹介しています

セーフティ・見守りにおける画像センシング技術活用事例