• 東京大学・学際バリアフリー研究プロジェクトで、HVC-C1Bアプリをご紹介頂きました!

NEWS&BLOG

東京大学・学際バリアフリー研究プロジェクトで、HVC-C1Bアプリをご紹介頂きました!

オムロン Sensing Egg Project では、ヒューマンビジョンコンポHVC-C1Bを使ったスマートフォンアプリを開発して下さったデベロッパーのみなさまに、さらなる利用事例を生み出していただくために、オープン型のコンテスト「Human Sensing Frontier Award」を2015年1~4月の期間内で毎月開催させていただきました。
その第1回「Human Sensing Frontier Award」でクリエイティブ部門グランプリを受賞されました、オレンジアーチ様が開発された、視線で文字を入力すると、アプリが文字を読み上げ会話することができるアプリ「eeyes」が、東京大学・学際バリアフリー研究プロジェクト「AT2EDプロジェクト」の公式サイトでご紹介されております。
http://at2ed.jp/pro/productDetail.php/productid/P2425/categoryid/256
ぜひご一読ください!

「eeyes」とは

目線で簡単に会話できるアプリです。
50音表を見ることでアプリが文字を読み上げ、会話することができます。
身体が不自由で話すことでの会話はできないが、視線を動かせる方が簡単にコミュニケーションをとれることを目的としています。
従来にも視線認識装置は存在しましたが、研究開発やマーケティングに使われるもので、個人で購入するには高額なものでした。
eeyesは、あえて簡単な認識システムとシンプルなインタフェースを採用することにより、安価で手軽に会話ができることを目指しました。

Sensing Egg Project HVC-C1Bアプリ 「eeyes」
http://plus-sensing.omron.co.jp/egg-project/app/orangexapps/

アプリダウンロードはこちらから
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.orangearch.eeyesf

今後の Sensing Egg Project にもどうぞご期待ください!