AWARD

HUMAN SENSING FRONTIER AWARD 結果発表

SCHEDULE

クリエイティブ部門

アプリアイコン

HVCを利用したポイントを競うゲームです。 5つの表情の中から、得点がアップする表情、得点がダウンする表情が1つ選ばれます。 自分の顔をうまく変化させて、ポイン…

アプリイメージ

詳細を見る

審査員からのコメント

HVC-Cを利用したゲームで、簡単にHVCの魅力がわかるアプリだと感じました。
表情によって得点が異なるところのアイディアはとても面白く感じました。
HVCのゲーム利用に期待していますので、よりゲーム性を出していけるような改善に期待いたします!

アプリアイコン

HVC-Cでトレーニング中の顔の表情を検出し、検出した表情に応じて状況を判定(笑顔=余裕、怒り=つらい)することで、アプリ画面上のキャラクター(青空ヒロメ)が音声と…

アプリイメージ

詳細を見る

審査員からのコメント

HVC-Cを利用したゲーム感があり、おもしろいソフトだと感じました。
キャラクターがあり、実際に使ってみたいと感じさせるアプリだと思います。
キャラクターの表情と連動するような仕組みも検討していただいても面白いです。
ぜひ正式配布して頂きたいアプリです!

アプリアイコン

eeyes

Orange × Apps

目線で簡単に会話できるアプリです。 身体が不自由で話すことはできないが、視線の動きでコミュニケーションを取れる方がいらっしゃいます。 その方々の現在のコミュ…

アプリイメージ

詳細を見る

審査員からのコメント

アワード初の、2度目の受賞になります。
1度目のアイディアを、さらにもう一段ブラッシュアップしていただき、視線入力の可能性をさらに引き出していただいたと感じました。
安価な視線入力のシステムはニーズが高いと思いますので、実用化を僭越ながら応援しております!

SOLUTIONS

ソリューション部門

アプリアイコン

Work Watch

渡嘉敷守

HVC-C1B と接続させた Android Wear で実現するデスクワークの支援システムです。 顔の向きや顔検知の可否による姿勢のチェック、目つむりやAndroid Wear の脈拍計測を組…

アプリイメージ

詳細を見る

審査員からのコメント

ウェアラブルとHVC-Cの接続がとても新しく感じ、この実用性は可能性を感じさせてくれるアプリだと感じました。
勉強のシーンや、仕事の環境でも自己管理アプリとして利用できる可能性が高く将来性を感じました。
今後、具体的な利用に合わせたアプリを生み出していただけることを期待しています!!

アプリアイコン

笑顔で在室!

氏家裕樹

近頃ゼミ室に活気がない…。 入室時も元気がないゼミ生が多く,研究室のボスに怒られることもしばしば…。 「もっと研究室に活気を!」,「もうボスに怒られたくない!」…

アプリイメージ

詳細を見る

審査員からのコメント

笑顔が検出できるHVCで笑顔にしていく、そんなコンセプトが明確でとても良いアプリだと感じました。
しかし、実際の利用では、作り笑顔が嫌になってつらくなる場合もあると思うので、表情だけでなく、何か楽しくさせる要素を盛り込んだシステムなどの発展に期待いたします!!
スケジュール
受付期間:2015年4月1日~4月30日
結果発表:2015年5月13日
審査員  :オムロン株式会社 上辻 雅義氏