• 近大、吉本興業、オムロン、NTT西日本が共同で研究。「笑い」の医学的検証がスタート

NEWS&BLOG

近大、吉本興業、オムロン、NTT西日本が共同で研究。「笑い」の医学的検証がスタート

近畿大学吉本興業株式会社オムロン株式会社西日本電信電話株式会社(NTT西日本)は、
「笑い」の医学的検証から、「笑い」の測定方法および
「笑い」の習慣が身体や心理的健康に与える効果を解明するため、
オムロンのヒューマンビジョンコンポ 『HVC-P2』などのセンサーを使用して
共同研究を行うこととなりました。

以前より連携を強めていた近畿大学・吉本興業に
オムロン、NTT西日本が参画することで、両社の高い技術力、ノウハウを駆使し、
早期での「笑い」のストレスマネジメントプログラムの開発をめざします。

2017年2月15日(水)には、大阪の「なんばグランド花月」にて、研究の第一ステージがスタート。
午後には各社の担当が一堂に会し、共同発表会見が行われました。

研究内容について

「笑い」の医学的検証を行うため、
日常的な笑いの習慣がもたらす効果を以下の点で研究します。

  1. 「笑い」が身体や心理的健康に与える効果について明らかにする
  2. 「笑い」の測定方法の開発
  3. 「笑い」介入後の疾病発症率や生活習慣の変化といった「笑い」の有効性の調査

研究は、4段階に分けて行い、各段階約20人の男女を対象とし、
2週間に1回の間隔で定期的に吉本興業が主催する「吉本新喜劇」や「漫才」を鑑賞します。
鑑賞の前後で心理テストを行い、鑑賞中には、
顔の表情の変化データやバイタルデータの取得を行います。
顔の表情のデータはオムロンのヒューマンビジョンコンポ『HVC-P2』で行い、
顔の表情以外の心拍数などのバイタルデータは、NTT西日本の技術協力を受け、行います。

「笑い」のストレスマネジメント開発をめざす。

「笑い」は人間にとって日常的な動作にも関わらず、
その定義が曖昧なため国内外でさほど研究が進んでいません。
しかし、精神疾患の患者は年々増加しており、厚生労働省は2010年に
『精神疾患による経済損失は年間約2.7兆円に上る』と発表しています。

「笑い」を中心としたエンタテインメント事業を展開する吉本興業と
医学部を持つ近畿大学、顔認識等の画像センシングで高い実績を誇るオムロン、
NTT西日本が協力し、大きな社会問題を解決したいと考えています。
2017年2月より定期的に検証研究を開始し、
2018年10月からは精神疾患の患者に対する臨床研究を行います。
これらの研究を基に、2021年には、「笑い」を活用したストレスマネジメントを実用化し、
大阪らしい「笑い」の溢れた新たな治療方法の開発をめざします。

『笑都大阪を目指して。』共同発表会見

2月15日の夕方、よしもと漫才劇場で本実験に関する共同発表会見が行われました。

前半では、研究内容や、スケジュールについて、使用する機器についてなどを解説し、
オムロンのヒューマンビジョンコンポ『HVC-P2』についても
ご紹介させて頂きました。

また、会見中盤では応援芸人の5名が登場し、
実験のデモを行う小山教授を、持ちネタで笑わせることにチャレンジ。
各々のギャグが炸裂し、会場が笑いに包まれる中、
途中笑いすぎでフリーズする等のアクシデントに見舞われつつも
センサーは良好な反応を示しました。

その他の詳細については、各社発表のニュースリリースにてご確認ください。

ニュースリリース(2017.2.15)

■近畿大学・吉本興業・オムロン・NTT西日本共同
近大、吉本興業、オムロン、NTT西日本が共同で研究 「笑い」の医学的検証研究がスタート
「笑い」のストレスマネジメント開発をめざす。
→ 詳細はこちら

■よしもとニュースセンター
笑う門には福来る! “笑い”の医学的検証についての共同発表会見をよしもと漫才劇場で開催!
→ 詳細はこちら

 

関連リンク

SENSING EGG 関連記事