• 人理解画像センサでマーケティングに革命を!「IoT/M2M展 秋」に出展しました。

NEWS&BLOG

人理解画像センサでマーケティングに革命を!「IoT/M2M展 秋」に出展しました。

2016年10月26日(水)~28日(金)千葉・幕張メッセ開催の
IoT/M2Mシステムの専門展「IoT/M2M展 秋」にオムロンが出展致しました。
ブースでは、人理解画像センサ『HVC-C2W』、『HVC-P2』の他、
感震センサ『D7S』、環境センサ『2JCIE-BL01』の展示も行いました。

この度の展示会は、IoT分野への関心が非常に高いこともあり、
約5000名にも及ぶ企業様方がブースお越しくださり、大盛況の末、終了させて頂くことができました。
また、多くのご来場者様に積極的にご質問いただけまして、
弊社ブーススタッフ一同、うれしい悲鳴があがるほどでした。

会場の様子はこちら

注目は『HVC』シリーズのマーケティング活用

事業にIoTを導入する際、どのようにセンシングしていくかがキーになるためか、
センシングできる内容など、詳細なご質問をいただくことが多く、
多くの企業様が具体的な導入を希望されているのだと強く感じました。

特に質問が多かったのが、店舗での客層分析用のデータ取得についてです。
昨今は、どんな店舗も基礎的なサービス品質が高いことが前提となりつつありますが、
そんな中、他店と差がつくサービス向上を図るには、立地・場所にあった客層分析が必須です。
例えば『HVC』シリーズなら、年齢・性別から客層、表情から満足度、視線や滞留度からニーズなど
マーケティング対策に有効な情報を複数取得することができます。

また、近年問題が深刻化しつつあることも影響してか、
高齢者の徘徊・見守り対策としての質問なども多く頂きました。
人体検出や顔認証など、徘徊・見守り対策としても活用できます。

会場でデモを行った『HVC-P2』 。
長距離タイプ(画面左)と広角タイプ(画面右)の2タイプがあり、用途によってお選びいただけます。
長距離タイプは比較的遠い距離で検出したい場合に、
広角タイプは比較的近い距離で、広い画角で検出したい場合に適しています。
HVC-P2の詳細はこちら→

オムロン独自の画像センシング技術『OKAOⓇ Vision 』

『HVC』シリーズには、オムロン独自の画像センシング技術『OKAOⓇ Vision 』が搭載されています。
合計10種類(C2Wは13種類)もの人に関する情報が取得でき、情報の組み合わせによって様々な分析が可能です。

画像センサは、数あるIoTセンサの中でも最も多くの情報を取得できますが、
特に弊社の『HVC』シリーズは、人に関する情報に特化し、
様々な分野に応用できるとして、大いに期待されていることがわかりました。

本イベントでも、多くの方々に『HVC』シリーズを知っていただくことができたと感じております。
今後もIoT分野の発展に『HVC』シリーズで貢献していきたいと思います。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!

関連リンク

IoT/M2M展 秋
http://www.m2m-expo.jp/

HVC-C2W詳細ページ
http://plus-sensing.omron.co.jp/egg-project/product/hvc-c2w/

HVC-P2詳細ページ
http://plus-sensing.omron.co.jp/egg-project/product/hvc-p2/

画像センシング技術 『OKAOⓇ Vision 』
http://plus-sensing.omron.co.jp/egg-project/technology/

感震センサ『D7S』詳細ページ
http://www.fa.omron.co.jp/products/family/3528/

環境センサ『2JCIE-BL01』詳細ページ
https://www.omron.co.jp/ecb/products/sensor/special/environmentsensor/

SENSING EGG 関連記事

10/26(水)~28(金)「IoT/M2M展 秋」に出展致します。(2016.10.13)
https://plus-sensing.omron.co.jp/egg-project/event20161013_iotm2maki/