• カンヌ国際映画祭受賞 映画『淵に立つ』にて、HVC-C2Wが使用されています。

NEWS&BLOG

カンヌ国際映画祭受賞 映画『淵に立つ』にて、HVC-C2Wが使用されています。

カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 審査員賞を受賞した
深田晃司監督、浅野忠信主演の映画『淵に立つ』が、2016年10月8日(土)より公開されました。
オムロンの見守りカメラ『家族目線(HVC-C2W)』が、小道具として使用されています。

日本人監督のカンヌ受賞は20年ぶりの快挙とのことで、注目を集めるこちらの映画。
弊社『家族目線』ブログにて、
試写会やなら国際映画祭での特別上映の様子をレポートしております。

映画に興味をお持ちの方は、ぜひご一読の上、映画館へご来場ください。

『淵に立つ』 あらすじ

“郊外で小さな工場を営む夫婦とその一人娘。ある日、夫の旧い知人で前科を持つ男がやって来て、奇妙な共同生活が始まるが、やがて、男は残酷な爪痕を残して姿を消す。それから8年。夫婦は皮肉なめぐり合わせにより、男の消息の手がかりをつかむ。だが救いのように見えたそれは、夫婦にとって互いの心の奥底を覗き込む行為に他ならなかった・・・。

家族目線公式ブログ 試写会・特別上映レポートはこちら

カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞!
映画『淵に立つ』にオムロンの見守りカメラセンサ『家族目線』が登場!!
http://plus-sensing.omron.co.jp/kazoku-mesen/blog/?p=607

なら国際映画祭で『淵に立つ』が特別上映!
深田晃司監督と筒井真理子さんの舞台挨拶の様子をお伝えします!
http://plus-sensing.omron.co.jp/kazoku-mesen/blog/?p=720

関連リンク

映画『淵に立つ』公式サイト
http://fuchi-movie.com/

HVC-C2W詳細ページ
http://plus-sensing.omron.co.jp/egg-project/product/hvc-c2w/