• 12/21日経産業新聞にて、オムロン『HVC-C2W』の活用事例が紹介されました。

NEWS&BLOG

12/21日経産業新聞にて、オムロン『HVC-C2W』の活用事例が紹介されました。

2016年12月21日発行 日経産業新聞掲載記事『IoT活用 アイデア次第』にて、
オムロンの人理解画像センサ『HVC-C2W』の活用事例が紹介されました。

本記事では、「IoT」が技術の進化によって拡大期に入ったこと、
特に「IoT」化が進む分野として、物流や小売業界などをとりあげ、
具体的な事例として、昨年末渋谷のパルコミュージアムにて開催されたました。
『奇譚クラブ  10周年展』のイベントが上げられています。

ちょっぴり可笑しなガチャガチャでお馴染みの奇譚クラブ初の展覧会
奇譚クラブ 10周年展(2015.12.11~27)

こちらの事例では、『HVC-C2W』で収集した
来場者の人数、年齢、性別などのデータを
無線LANからiPod端末に送信し、クラウドに蓄積。
リアルタイムで客層データを把握できる、というシステムが導入されました。

『HVC-C2W』は無線LAN対応機器となっておりますので、
無線LAN環境があれば、HVC-C2W側でデータの収集から送信までを行い、
PCやスマートフォン・タブレットなどの端末で受信が可能です。
また、サンプルアプリやSDKが公開されており(※)
短期間でスムーズにアプリ開発を行うことができます。

当サイトでは、本事例の企画・制作を担当されました、
クラスメソッド株式会社様のインタビュー記事を掲載しております。

クラスメソッド様 PARCO 様でのHVC事例インタビュー
(2016.03.01)

開発経緯やシステム構成、クライアント様の反応など、
客層分析の導入についてイメージしやすい事例となっております。
興味をお持ちの方は是非、ご一読ください。

(※)『HVC-C2W』のSDKのダウンロードには、SENSING EGG PROJECTメンバーサイトの会員登録(無料)が必要です。

関連リンク

SENSING EGG 関連記事